[Unity]基本的なJavaScriptコマンド集

zv7qrnb

function Start () {
 Destroy(gameObject.Find("Box"), 3);
}

オブジェクト破壊コマンド。Boxが破壊対象で、何秒後に破壊するか指定。

var thePrefab : GameObject;

function Start () {
 var instance : GameObject = Instantiate(thePrefab, transform.position, transform.rotation);
}

オブジェクト生成コマンド。生成対象はPrefabのみ。ポジションやローテーションを
引数として渡すと、生成対象のそれを変更できます。

var myTimer : float = 5.0;

function Update () {
if(myTimer > 0){
  myTimer -= Time.deltaTime;
 }
 if(myTimer <= 0){
  Debug.Log("GAME OVER");
 }
}

基本的なタイマーを使うコマンドサンプル。残り秒数が0になると、
コンソールにゲームオーバーと表示される仕組み。

      var speed : float = 5.0;
      function Update () {
       transform.Translate(Vector3(0,0,speed) * Time.deltaTime);
      }

オブジェクトを移動させるコマンド。speedという変数が速度に対応します。

      var power : float = 500.0;
      function Start () {
       rigidbody.AddForce(Vector3(0,0,power));
      }

オブジェクトに物理的な力を加えるコマンド。
このコマンドを有効にするためには、対象のオブジェクトに
rigidbody(物理特性)を付加しておく必要があります。

      var myClip : AudioClip;

      function Start () {
       audio.PlayOneShot(myClip);
      }

効果音を再生するコマンド。AudioClip変数には、
インスペクタから音源ファイルを設定します。

      var myClip : AudioClip;
      function Start () {
       AudioSource.PlayClipAtPoint(myClip, transform.position);
      }

効果音を再生するオブジェクトを生成するコマンド。
transform.potition変数には、インスペクタからオブジェクトの
位置を設定します。
AudioClipには、インスペクタから音源ファイルを指定します。

[Unity]基本的なJavaScriptコマンド集」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

zv7qrnb